べるべる研究日誌

なんでもやる系エンジニアの日々

包丁研ぎ

今日から12月、ということで前から懸案事項だった包丁を研いでもらいに中野区南台おでかけ。どういうルートでいこうか迷ったのだけど、結局散歩がてらあるいて行く。自宅から1時間くらいで到着。事前に調べてあったのだけど、ホームページが更新されてるかどうか解らないのでちょっと不安だったのだけど、ちゃんと営業中でした。

包丁2本と小さいの2本の4本を研いでもらうことに。1本の包丁は完全に欠けていたのだけど、やってくれるとのこと。気軽にやりますよー、と言ってくれたのでウキウキ。「できるだけ1000円以上とらないようにしてますから」とか言ってくれたので恐縮しながらお願いしました。

近所でお茶をして1時間もたたないうちに再びお店に行くとそこには奇麗に生き返った包丁たちが!最近切れ味が悪くなってシャープナーで研いでもすぐに切れなくなってしまっていのがピカピカシャキシャキに。これはすごい。それぞれの刃の堅さとか教えてもらったりして全部で2000円ちょい。どれも思い入れのある包丁なので、切れ味が戻ったのが嬉しかったです。

家で使ってみると恐ろしいくらいの切れ味。まな板に刺さります。スクレイパーの代わりにすると手を切りそうになります。いい包丁を使うと料理も楽しくなりますね、ということで地道に薬味のネギを刻むおいらでした。

それにしても、包丁を研いでくれる場所っていうのを知らなくて結構探しまわったのでありました。ネットで探すと出張研ぎとか郵送でとかあったのですが、中野で見つけられたので良かったです。うん。

包丁研ぎ探している方にオススメです。

広告を非表示にする