読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

べるべる研究日誌

なんでもやる系エンジニアの日々

退職と転属と

ぶつぶつ

 月末という事で退職の挨拶が送られて来た。自分も社歴は浅いけど、それより短い人が辞めるのを見ると、管理職の一人として「自分は彼に何かできなかったんだろうか...」と思う。もちろん部署の壁とか本人の適正とかいろいろ理由はあるだろうけれど、いつもそう思いながらみんなの後ろ姿を見ている。
 そんな中で所属部員の転属希望があるとの話が来た。なかなか人が固定した仕事も多くて、当人にうまく仕事の分散ができていなかったりしたマネージメントの責任を感じて落ち込む。仕事を積極的に取りに行く姿勢を期待したし、作業に余裕ができれば自己啓発のチャンスもあげていると思っていたけど、本人が「余剰人員」と思ってしまったのなら、コミュニケーション不足だ。

 メンバーが力を発揮できないのはマネージメントの失敗でもあるし会社の損失でもある。いろんな意味で反省。

 ただ、もう少しプライドを捨ててぶつかって来て欲しかったな...。